fc2ブログ
スポンサーサイト



群馬方面へ 最終日

 帰りの高速渋滞に巻き込まれるのが嫌なので、チェックアウトを済ませてサッサと高速に乗ります。


 途中のSAで購入した新米。
IMG_2725.jpg
 家に着いて、さっそく炊いてみましたが甘くて美味しかったです。


 【おしまい】

群馬方面へ 2日目

 ホテルを出て桐生市街を抜け、R122を北上します。


 草木ダムです。
IMG_2696.jpg


 展望台からの草木湖。
IMG_2698.jpg


 ダムの雄大さを味わう為に、堤体を見ないわけにはいきません。
IMG_2702.jpg

IMG_2703.jpg
 重力式ダムです。迫力があります。


 北上を続け、ココにも寄ります。
IMG_2704.jpg
 学芸員嬢(正確に言うと私より年上ですけど)より丁寧な解説が得られましたので理解がより深まります。


 もちろん銅山開発の負の歴史(公害や安全性軽視)もです。「でも、その頃の日本って富国強兵で目一杯だったんじゃないですか?」と言うと「そうなんですよ。欧米列強から日本が、いかに植民地化されないかが最重要でしたから」と。


 歴史にifは禁物ですが、ロシアが不凍港を求めて南下政策なんかしなければ、半島のお守なんてしなくて済んだかもと、未来永劫に亘ってタカられずに済んだかも・・・と考えざるを得ません。


 近くにあるココへも入ります。
IMG_2705.jpg


 トロッコに乗ります。
IMG_2707.jpg
 かなりの下り勾配を歩くより遅いスピードで進みますが・・・。


 ロコはココで切り離され・・・。
IMG_2708.jpg


 その先はトロッコだけで坑道に向かって爆走します。
IMG_2710.jpg
 何でわざわざそんな儀式を行うのか不思議でしたが、その区間はラック式になっていました。


 坑道をパシャリ。
IMG_2711.jpg
 東京から博多まで届く1,200kmも掘って採掘したんですから驚きます。


 更にR122を北上して足尾砂防ダムを見ます。
IMG_2714.jpg
 流量が多くて迫力満点です。思わず動画を撮ってYouTubeにアップしましたが、中には台風直後の超弩迫力動画を上げられた強者もいらして、上には上がいると実感です。


 伊勢崎に戻って夕食です。
IMG_2716.jpg


 乾杯っ!
IMG_2717.jpg
 ぷはぁ~。幸せの瞬間です。


 ニンニク芽炒めと・・・。
IMG_2720.jpg


 カシューナッツ炒め。
IMG_2721.jpg
 画像では伝わりにくいですが、量が多いです。


 極めつけが、オトナの握り拳より大きい唐揚げ。
IMG_2723.jpg
 中まで火がシッカリ通っていました。


 美味しくて、リーズナブルでした。

群馬方面へ 1日目

 高速の渋滞を避けるため、日が昇る前に家を出て関越道を下ります。お陰でお昼前には榛名着です。


 ココで早めの昼食です。
IMG_2669.jpg


 野菜天そば。
IMG_2670.jpg
 コシがあって喉ごし爽やかです。


 榛名神社です。
IMG_2671.jpg


 参道を進みます。
IMG_2672.jpg


 結構キツ目の階段。
IMG_2673.jpg


 日頃の運動不足と足腰の劣化を実感しつつ到着です。
IMG_2676.jpg


 榛名湖へも足を延ばします。
IMG_2677.jpg
 後ろに写っている榛名山へも向かいます。


 ロープウェイでサクッと山頂着です。
IMG_2678.jpg
 眺望はイマイチでした。


 ホテルを押さえてある伊勢崎着です。
IMG_2683.jpg
 駅前は驚くほど閑散としています。


 様々な所へ旅行して「駅前の賑わいと繁華街は違う」との教訓を得ているので、本町周辺を散策して、このお店で夕食です。
IMG_2685.jpg


 乾杯っ!
IMG_2687.jpg
 ぷはぁ~。まさに、この瞬間と鉄モと●●●のために生きていると言っても過言じゃないです。


 蒸しキャベツ。
IMG_2688.jpg
 味噌が絶品です。


 お店の女将おススメのスパークリング清酒。
IMG_2689.jpg
 まるでサイダーみたいで、呑み過ぎ注意です。


 串焼きに・・・。
IMG_2690.jpg


 〆の焼きおにぎり茶漬け。
IMG_2691.jpg


 満足っす。

KSモデル 80系初期車 その45

 クハ86の床板に横梁を付けます。
IMG_2565.jpg


 レール方向に付けた中梁が微妙に波打って付いているので、横梁は全て現物合わせで寸法を決めなければならず面倒でした。

受粉は???

 拙宅の猫の額以下の広さしかない庭に植えられている木(多分ツバキじゃないかと)に花が咲きました。
IMG_2652.jpg


 蝶もミツバチも見かけなくなった頃に咲いて、受粉は何に依っているんでしょうか・・・。この時期に咲くのが戦略として正しいのか、聞いてみたい気分です。

のすけラーメン降臨 今日はつけ麵

 愛車は嫁さんとサンバーちゃんが送ってくれた段ボールの中に、ラーメンの他につけ麵も入っていました。


 3袋の内、真ん中の色が明確に異なるので色々な味が楽しめそうです。
IMG_2635.jpg
 両端は前回食べたのと同じそうなので、真ん中を選びます。3袋のスープに対して麺が7袋添えられていたので、2袋の麺を鍋に投入します。


 鍋からお湯が噴きこぼれたり、麺が鍋底にこびり付いたりと紆余曲折ありましたが完成です。
IMG_2637.jpg


 いっただっきま~す。


 おっ、美味しいです。ピリ辛スープとモチモチ面が絶妙です。


 ど~もです。次回は、この味のラーメンを熱望です。

のすけラーメン降臨

 先日、愛車は嫁さんとサンバーちゃんから連絡あり「ラーメン届いたんで送りますよ」。

 正直に言うと頭の中は「ん?何の話だったっけ・・・」状態でしたが、オトナの対応(?)で乗り切りました(大汗)。

 冷凍便で届いたブツを取り出します。
IMG_2632.jpg
 日頃購入しているお湯を注いで3分待つタイプとは明らかに異なります。


 添えられた作り方には「予め冷蔵庫で解凍してください」とありましたが、具体的な時間が指示されていないので、半日ほど突っ込んで解凍完了としました。


 「沸騰したお湯の中にスープを袋ごと入れて温めてください」とありましたが、具体的な時間が指示されていないので、ぬるいスープより熱々のスープの方が美味しく食べられるハズと判断して20分ほど加熱して完了としました。


 出来ましたけど、丼が小さくてスープが溢れちゃいました。
IMG_2634.jpg
 いだだきま~す。


 おっ、美味しいですっ!


 コシがシッカリした麺と濃厚なスープが絶妙です。メンマの歯応えも好みです。


 あっと言う間に完食完飲です。


 ど~もです。またお願いしますね~。

KSモデル 80系初期車 その43

 クハの床板工作です。


 台枠や孔あけの位置をケガキます。
IMG_2562.jpg
 2両同時着工ですが、奇数と偶数の区別があるので、間違えないようにします。

KSモデル 80系初期車 その42

 モハ80のウエイトを作ります。ウエイトは台枠や床下器具との干渉を避けるため室内に積みます。


 ベースはt1.0真鍮板からで、プリント基板との接触を避けるための足を付けています。
IMG_2551.jpg


 東急ハンズで購入したt1.0鉛板を糊付けして、床板にビス留めです。
IMG_2553.jpg
 ウエイトの形状は見苦しくない程度に整えています。


 車体をビス留めです。
IMG_2554.jpg
 ウエイトは客窓高さより低く設定したので、覗き込まない限り見えません。


 コレで2両のモハが完了です。残すはクハ2両です。
IMG_2557.jpg


 ところで、台枠を表現したり、ウエイトの形状を整えたりすることに対して「線路に乗せれば見えない。無駄な労力」との意見もありますが、果たしてそうでしょうか?。

 もし彼女を脱がせたらヨレヨレのベージュ色パンツ(しかもおへそまで隠れる&ハミ毛ボーボー)だったらガッカリするのと同じです。

 それでも「ヤレれば(走れば)問題ない」との意見を否定はしませんが、私には絶対に無理ってことです。

 皆さんは、どちら派でしょうか・・・。

KSモデル 80系初期車 その41

 モーター車用のプリント基板を切ります。
IMG_2520.jpg
 いつもの如く、レール方向に溝を入れて電気的に分割しています。両側の欠き取は、ウエイトの脚を避けるためです。


 プリント基板に燐青銅帯板をハンダ付けして、床板にビス留めします。
IMG_2539.jpg


 MPセンターピンと燐青銅帯板が接して電気を拾います。
IMG_2541.jpg


 モーター端子との接触部です。
IMG_2546.jpg
 今までは端子のお尻に帯板を当てていましたが、横から当てるようにしました。帯板を黒く塗ればモーター端子のキラキラが目立たなくなるだろうとの期待からです。

甲府へ 最終日

 チェックアウトを済ませ、甲府城跡を見学です。
IMG_2603.jpg


 本丸からの眺め。
IMG_2605.jpg
 画像では分かり辛いですが、周囲を山々に囲まれ、甲府は盆地なんだと実感します。


 展示してあった復元模型。
IMG_2608.jpg


 で、コレは今の現状を書き加えた図。
IMG_2609.jpg
 驚きました。中央線も、県庁も、道路も、甲府城跡を削って作られたみたいです。甲府の先人たちは甲府城のことをそれほど大切に感じてなかったのかも・・・です。


 帰りも甲府駅始発のかいじにしたので、自由席で楽勝に座れました。


 乾杯です。
IMG_2610.jpg
 往復呑めてラッキーでした。


 おしまい。

甲府へ 1泊目

 新宿駅から特急かいじに乗り込みます。自由席券でしたが、楽勝で座れたのはラッキーでした。
IMG_2574.jpg


 さっそく、乾杯です。
IMG_2575.jpg
 朝から呑めるのは電車移動ならではです。呑みなれた缶ビールもいつもより旨く感じるのが不思議です。


 甲府駅まで無事に運んでくれた新型電車。
IMG_2577.jpg
 今までの取って付けたようなスカートと異なり、車体と一体化したような意匠が斬新です。


 甲府と言えばほうとうが定番ですが、「え~。お蕎麦が食べたい~」との意見に負け、蕎麦屋に入ります。


 1日10食限定らしい「限定そば」をチョイスします。
IMG_2579.jpg
 美味しかったですが、いつも食べているコンビニ蕎麦の約5倍の価格です。5倍美味しいかと聞かれたら私の貧乏舌では判断できません。


 お腹も満ちたので、甲府の街を散策です。


 駅からの1本道をひたすら歩いて武田神社に向かいますが、延々と続く緩い登り勾配は堪えます。
IMG_2580.jpg


 ようやく着いた武田神社。
IMG_2582.jpg


IMG_2583.jpg


 せっかくココまで来たので、三条夫人のお墓がある円光院も。
IMG_2592.jpg


 更に信玄のお墓にも。
IMG_2595.jpg


 ホテルで歩き疲れた足を休ませて、夕食に出掛けます。


 甲府と言えばほうとうですが、「え~。お肉が食べた~い」との意見に負け、この店をチョイスします。
IMG_2596.jpg


 乾杯です。
IMG_2597.jpg


 肉に・・・。
IMG_2598.jpg


 肉です。
IMG_2599.jpg
 思ってた以上にリーズナブルで美味しかったです。

KSモデル 80系初期車 その40

 動力装置を組み込みます。
IMG_2516.jpg
 LN-12モーターとMPギアで、ジョイントはSUS棒とシリコンチューブです。


 ユニトラックのR610を無事に通過します。
IMG_2518.jpg
 径の太いMPジョイントだと当たったかも・・・です。

KSモデル 80系初期車 その39

 LN-12モーターの取り付けの開口を設けます。
IMG_2511.jpg


 床下器具を糊付けします。
IMG_2513.jpg


 糊は5分硬化タイプのエポキシを使ってます。

プロフィール

gentanozz

Author:gentanozz
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR